長期投資で資産を増やすのが王道

長期投資というのは、資産を増やすのには最適な方法です。時間枠も最低10年以上で考えていきます。そう考えると投資タイミングもゆったりと決めていくことができます。

普通の人が個人で行う場合は、日本株の投資が基本になると思いますが、大きな暴落ながあった時が仕込みどころです。特に資金が少ない人にお勧めできるのが低位株ですね。

もちろんその中でも優良なものから、四季報などの数字でチェックしておきます。そしてベストなタイミングで株を購入していくのです。もちろん一度に一気に買いをいれるのではなく、少なくとも三分割くらいに分けて資金を投入していきます。

時期をずらすことで、株価の購入単価を調整していくのです。さすがに本当に底値で拾うことはむりです。高値圏で買わないように、暴落時に分割して購入するということだけ心がけていきます。

そして一度購入したら、しっかりと育てていきます。この期間にすぐに手放したりしないようにしましょう。お金が必要になった時は、即日融資可能なキャッシング業者を短期間利用するなどして、資金を用立ててください。

借入金も短期間で返せば、利息もほとんど付かないので安心です。返済だけ先延ばししないように意識しておけば大丈夫です。短期の資金は消費者金融やカードローン会社で回していけば大丈夫です。

そして長期投資の株式に関しては、できれば長く持ち続けるのがベストなのですが、もう少し短めに回していきたいという人もいると思います。

そういった場合は、利食いの簡単な目安として一般週刊誌などでも株式特集などが掲載されるようになってきたころです。普段からそのような記事を掲載しているような雑誌は範囲外ですが、急に特集を組むような雑誌が増えてきた時が狙い目です。

明らかに一般大衆レベルで、中期的な株式相場の過熱圏に入ってきているので、いつ大きな調整が入ってきてもおかしくない状況です。こうなったらまた3分割くらいに時期をずらしながら、手持ちの株式を売却していきます。

その後は、また新たな投資先の候補の分析をしていくようにします。そして狙い目のターゲットをピックアップしておきます。その後はまた暴落時などに同じように購入していきます。

ポイントは、購入する株式も分散していくことですね。低位株は倒産するリスクもあるので、一つに絞るのは危険すぎます。分散しておけば、暴騰時には2倍から10倍以上と大化けすることもあるので、全体では利益を出すことができるはずです。

個人投資家で財産を築くことが出来る人は、こういった方法を取ることが多いですね。

もし始めて見たい人は、四季報の見方や分析の仕方のセミナーに参加したり、本を読むことから始めてみるといいと思います。そして候補銘柄のピックアップまで行っておくことです。

これは固定サれるものではなく、定期的に見直して入れ替えをしておくのが効果的です。後は暴落時や規模の大きめの調整の時を気長に待ちましょう。

このやり方は、やはり別に本業を持っている人の方が余裕があるので成功しやすいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ